ムースミール
について

mousee_arrow

コンセプト

ITEM
CONCEPT

「食べたい」を叶える。
食べる人や提供者へ真摯に向き合い、
まごころを込めて、商品を開発しています。

ムース食をムースミールと名付けたのは「日本ケアミール」
「ムーミーくん」というマスコットを作り、まだまだ認知度の低い
ムース食のイメージアップを図っていきます。

こだわり

SPECIALTY
CONTENTS

味への徹底した追求

例えば「ほうれん草」の場合、素材自体の割合を増やしても美味しくはなりません。皆が思い浮かべる美味しいほうれん草を想像し、出汁のバランスまで計算し、初めて美味しくなります。その追求は日々進化しています。

50味のラインナップ

50種の多彩な素材・メニューの組み合わせにより、メニュー展開が容易になります。また、焼き鳥味やうなぎ味、シュウマイ味等、他社にはない様々なこだわりのムースミールを取り揃えています。

業界初の一日パック商品

献立のマンネリ化を打開する為に、献立数を28種類(4週間分)のメニューサイクルで利用可能な、1施設で1名から提供できる、1パックの中に朝・昼・夕の3食の1日分のムースミールをセットにした商品を開発。

特別な日のムースミール

お正月や、お祝いの席で食べられるものがなく寂しい思いをしていた高齢者のために、晴れの日の食卓を、家族みんなで華やかに楽しめる、お寿司やおせち等のムースミールを開発し商品化しています。

工場について

ABOUT
FACTORY

原材料受入・検品

冷蔵原料は解凍

原料と水を測り、袋にて真空化

95℃45分蒸し器にかけ冷却して1日保存

型に定量充填

出汁を入れ、攪拌機で調味料と攪拌

裏ごし機で裏ごし
 

ボールカッターでミキシング

蒸し器で85℃45分加熱後、大型冷凍庫で冷凍

型から外し、検品

官能・細菌検査

定寸カッターで、規定グラムにカット

出荷

目視検査後、箱詰め

トレイ成型→盛り込み→トップシール→ウエイトチェック→金属検査を自動真空包装機で行うことにより、衛生的かつ生産性が向上